【トライアスロン基礎編】距離で異なるレース 8つの種類

スポーツ

こんにちは、ともです。

”トライアスロン”って、どんなイメージかな?

過酷!! きつそう〜!!  3種目するなんて無理!!

私も経験があるのは、マラソンのみ。
マラソンだけでも、いっぱいいっぱいなのに 3種目あるとは!!

トライアスロンは、自分に適した距離のレースを選ぶことで、
過酷ではなく、楽しいスポーツの一つとして参加できます。

楽しむことが一番だ♡

 
それでは、トライアスロンの距離による種目をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

トライアスロンレースの8つの種類

https://gokigen-blog.net/triathlon_type/

トライアスロンは、
スイム・バイク・マラソンの3種目です。

全く異なる3種目のため、それぞれ違う筋肉を使うスポーツ。
(もちろん、同じ筋肉も使う部分もありますが)

ということは、一つの種目をずーっと続けるより、
身体にとっては負担が少ないのが魅力のひとつなのです。

アイアンマン

もっとも、過酷のイメージが強いアイアンマン!!
トライアスロン = アイアンマン
そう思っている方も多いハズ。
最後にフルマラソンを走るのですから、まさに鉄人!

1, スイム  3.8km
2, バイク  180km
3, ラン   42.195km

トータル 226km。
制限時間 通常16時間。

226km って車で走る距離だよね

 

アイアンマンのハーフディスタンス  /  アイアンマン70.3

名前の通り、アイアンマンの半分の距離です。
こちらが、基準の距離になります。
いきなり、アイアンマンに出場するより、ハーフディスタンスが挑戦しやすいですね。
ちなみに、トップ選手は、4時間台前半にゴール〜

アイアンマン70.3  とは、 3種目の距離の合計マイルを表したものです。

1, スイム  1.9km(1.2マイル)
2, バイク  90km (56マイル)
3, ラン   21.1km (13.1マイル)

トータル 113km。(70.3マイル)
制限時間 5~7時間。

半分といってもまだまだすごい…

 

ロング・ディスタンス

スイム3km以上
バイク100km以上
ラン30km以上

10時間以上かかることもあります。

えっ!アイアンマンのハーフより長い!

 

 

ミドル・ディスタンス

スイム 2~3km
バイク 60~90km
ラン    20km

大会によって、距離にばらつきがあるんだね

 

ショート(オリンピック)・ディスタンス

スイム 1.5km
バイク 40km
ラン    10km

オリンピックは、この距離で行われるよ。

 

スプリント・ディスタンス

オリンピック・ディスタンスの半分の距離。

スイム 750m
バイク 20km
ラン    5km

トータル 23.75km 制限時間 通常2時間

初心者には短い距離でオススメですが、
経験者にとっては、スピード勝負!!

陸上の短距離走のイメージね・・・

 

スポンサーリンク

みんなで楽しむ競技

リレー

一人1種目をするため、3人で構成されるもの。

Aさん(スイム)→ Bさん(バイク)→  Cさん(ラン)

駅伝

一人ずつ、3種目のトライアスロンをしたら次の人へつなぐもの。

第1走者(スイム、バイク、ラン)

第2走者(スイム、バイク、ラン)

第3走者(スイム、バイク、ラン)

 

スポンサーリンク

まとめ

距離も様々なトライアスロン。
また、一人ひとり得意競技が違うのも、魅力のひとつ。

真剣に取り組むあまり、スポーツ自体を楽しめなくなる傾向があります。
練習していることそのものを、楽しみましょう。